ゲンキの時間

ゲンキの時間、過去放送の簡単まとめ

ゆら、コロ、ぐるで肩こり腰痛大改善!?

 

2017年5月21日放送のゲンキの時間、今回は
肩こりや腰痛に効果的なストレッチの特集です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

効果絶大の簡単ストレッチ?

こういううまい話というのは実際にない、ついつい
その様に思ってしまうのが普通ですよね
でも一応気になったりはしますので、どういう方法で
肩こりや腰痛を段々と楽にしていくストレッチを
していくのでしょうか。

 

 

 

そこで肩こりや腰痛がある
ゲンキチャレンジャー4名に集まってもらい実践。

 

 

 

まず肩こりや腰痛の原因として考えられるのが
『悪い姿勢』
良い姿勢だと、頭を支えるために体全体でバランスよく
支えるのですが、姿勢が悪いことで
肩や腰に大きく負担がかかってしまうのです。

 

 

 

理想の姿勢、正面を見るとおへそと眉間を結ぶラインが
垂直に赤い線上に重なった状態。

理想の姿勢、横を見ると耳と肩と膝が一直線になっている

また腰回りの筋肉が硬いかどうかのチェックをする際
前屈をするとわかりやすい、前屈しづらいと
腰回りの筋肉が硬い証拠となる。

 

 

 

ゆらゆら、コロコロ、ぐーるぐる?

ストレッチを始めていくのですが、ポイントとなるのが
・ゆらゆら
・コロコロ
・ぐーるぐる
という事になります。

 

 

 

ゆらゆらストレッチのやり方
1 浅めに腰かけてかかとを揃える
2 膝の先端に指をあてる
3 真上から見て長さを調べる

ずれがないかの確認ですね。

4 短い方の足を上にして足を組む
5 下の足を10回から20回揺らす

 

 

 

ここでのポイントは骨盤のゆがみ、骨盤は
座り方やクセで傾くことがあります
それを先ほどのストレッチをすることで
骨盤周りの筋肉を柔らかくして、正常な位置へと
戻りやすくしてくれるのです。

 

 

 

コロコロストレッチのやり方
椅子に浅く腰掛けて、骨盤をコロコロと
転がすように30回程前後させます

天井からつるされているような感じを
意識してやるとやりやすいとのこと。

 

 

 

腹筋と背筋を伸ばすと同時に脊柱の
関節を動かしている。

 

 

 

ぐるぐるストレッチのやりかた
腕を伸ばして手を組み、ぐるぐると両方向に
10回位回す
、左回りが終われば右回りという感じ
更に少し上の位置でも両方向10回まわす。

 

 

 

肩回りの筋肉を伸ばすと同時に肩甲骨などの
関節を動かしています。

 

 

 

ゲンキチャレンジャー4名の方に1週間3つの
ストレッチを続けてもらうと、肩や腰の状態が
1週間前よりもよくなったとのこと
個人差があるとしても、続けることが大切ですね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

この記事に関連する記事一覧

このサイトで読まれている記事

まだデータがありません。

最近の投稿
カテゴリー