ゲンキの時間

ゲンキの時間、過去放送の簡単まとめ

胃の不調は胃だけの問題でもない?アニサキス対策はどうすれば?

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年12月17日放送のゲンキの時間
今回はあなたの胃痛は危険かも!?
胃の不調スッキリ解決、というテーマ


 

スポンサードリンク

 

 

 

 

症状別の意外な原因に迫る

胃に不調を抱えているゲンキチャレンジャー3名
56歳男性 胃のうえの方が熱い
52歳女性 食後の胸焼け
66歳女性 食後の胃もたれ、胃痛

胃の中では何が起こっているのでしょうか?

 

 

 

中村麻布十番クリニックの中村光康先生に
話を伺う事に。

 

 

 

まずは56歳男性、胃の中を内視鏡検査
するとある異変が見つかりました
胃の表面に出血が起こっていた
しかも数か所で。

 

 

 

これは胃が荒れている、つまり胃炎です
食生活にも問題があった
高脂肪の食事を摂ることが多く
消化に時間がかかるため胃の負担が大きい。

 

 

 

更に毎晩焼酎を飲む
一升瓶を3日で無くすそうです
これだと胃が荒れるのも無理はないですね。

 

 

 

この晩酌がテレビを見ながら延々
6時間も行われている
そうです
ゆっくり食べるのはいいというレベル
ではなく、食べたものが6時間ずっと
胃に入ってくるので消化をずっと
しているという事
なのです。

 

 

 

また胃炎があることで、胃の機能が低下し
消化スピードが遅くなります

 

 

 

次に胃の上の方が熱いというのは
食道と胃の境界が赤くただれていた
逆流性食道炎になっていたのです。

 

 

 

食道にまで胃酸がのぼってきたのは
アルコールや高脂肪を飲んだり食べたり
していたので、これによって食道と
胃の境目にある括約筋を
緩めてしまったために起こったのです。

 

 

 

更に食べ終わった後に横になるのは3分後
これも食道に逆流しやすい状態です
すぐに寝るのは控えよう。

 

 

 

・続いて52歳女性
内視鏡検査をすると食道下部には
荒れている様子はなかった
・66歳女性
食道、そして胃は荒れている感じはなし

 

 

 

女性2名は異常がないという事でしたが
どうして胃の不調を訴えているのか?
そこには症状が出始めた時期に
共通点があったのです。

 

 

 

それはストレスです
胃の不調をより加速させてしまいます
仮に胃に不調を持っていなくてもです
なので66歳女性の場合
上記の胃の不調を抱えているのは
ストレスによっておこった
『機能性ディスペプシア』
の可能性があり

 

 

 

52歳の女性の場合は、軽度の食道の
炎症があったので、その結果
『非びらん性胃食道逆流症』
の疑いがあったのです。

 

 

 

ストレスを長期にわたり抱えていて
それが胃に与え続けられると
激痛や吐き気、食欲不振や
体重減少にもつながっていきます。

 

 

 

中村先生はまた、胃の痛みだと思っていても
実は胃以外の大変な病気
という事もあると話します。

 

 

 

実際に先生がみた患者さんの中に
その様な人がいたのです

 

 

 

その胃痛、実は心臓の痛みの可能性も

68歳の男性、食後に体を動かすと
胃に痛みを感じたそうです
その時はただの胃痛だと思い市販の
胃薬で対処しました。

 

 

 

ところが1週間後、次に襲ったのは
耐えられないくらいの激痛だったのです
そこで中村先生の病院へ来院し
検査を受けると胃に大きな所見は
見つからなかった。

 

 

 

しかし、胃の痛み方が特徴的だったので
心臓の検査をしました
心電図検査をすると、狭心症が見つかった。

 

 

 

狭心症は心臓に血液を送る冠動脈が
動脈硬化などで狭まり血液量が少なくなる
という疾患です。

 

 

 

悪化すると心筋梗塞となり突然死が
起こることもあります

 

 

 

狭心症の典型的特徴として
突発的な痛みで胸の圧迫感や息苦しさを
感じることがあるとのこと。

 

 

 

これが胃の付近で起こっているために
胃痛と間違える人がいる
んだそうです。

 

 

 

また、胃粘液の量という部分にも注目
これは39歳以下を
胃粘液の量100%とした場合
40代から50代は91%、60代以上は84%
というように下がってきます
、その分
胃で消化する力というのも段々
衰えてくるという事にもつながる。

 

 

 

数値としては小さな差なのですが
影響は結構大きいとのこと

 

 

 

ではこの胃の保護というのは
出来ないものかというと
食事で対策をする事が可能だそう

 

 

 

レンコンや長芋、納豆などに
含まれているムチンは
胃を守る胃粘液の材料
となると
言われております。

 

 

 

またキャベツやブロッコリーに含まれる
ビタミンUも傷ついた胃粘液の
修復を促進してくれる

 

 

 

胃痛だと思ったら狭心症という話に
戻りますが、このほかにも
・急性すい炎
・胆石
・虫垂炎

等も胃と場所が近いので胃痛と
間違えやすいようです。

 

 

 

ここ10年で患者数が20倍に膨れ上がったある病

最近よく耳にする、アニサキス症です
魚介類から検出される
体長2㎝から3㎝の寄生虫
魚の身の部分を食べる事で
内臓へ移動し、胃壁に頭を突き刺し
へばりつきます、このせいで
胃の激痛や嘔吐等の症状が起こる

 

 

 

でもなぜ患者が激増したのか?
国立感染症研究所の杉山先生の話では
一番大きな原因として
2012年の食品衛生法の改正で
アニサキス症は保健所への報告が
義務付けられたため、といいます。

 

 

 

以前は報告が必要なかった
という事だったんですね
義務化になった為、感染者数が激増した
昔から報告がなされていないだけで
アニサキス症は多かったのかも
しれませんね。

 

 

 

さてアニサキス症を患うと胃に激痛が
はしるといいます、しかしこれは
アニサキスが噛みついたために
起こっているわけではないのです。

 

 

 

これはアニサキスが胃壁を刺す事で
起こるアレルギー反応

症状が無い人もいれば、軽度、重度の
人もいます、ちなみに症状がない人の場合
気付かないうちにアニサキスは
数日で胃から離れて便で排出されます
また加熱や冷凍でアニサキスは死滅する。

 

 

 

自宅で出来る対策として
魚のお腹部分に注目をして
色合いが周りと違う部分があるので
そこをよく見る、すると黒っぽい色に
なっていたり、白い状態で居たりする。

 

 

 

またイカなどの白い光物の場合は
電気に当てたりして透かしてみましょう。

 

 

 

そしてよく咀嚼をしましょう
これでもアニサキスを死滅させる
事が出来ます、しかし死滅した
アニサキスでも症状が出る方も
いるそうです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトで読まれている記事

まだデータがありません。

最近の投稿
カテゴリー