ゲンキの時間

ゲンキの時間、過去放送の簡単まとめ

質の悪い睡眠を取ってしまう理由

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年10月29日放送のゲンキの時間
今回は睡眠の悩みについての特集
眠りが浅い、朝身体が痛いなど
睡眠不足で日中困る事ってありますよね?

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

睡眠の質を低くしてしまう事って?

質の良い睡眠に導いてくれる食事が
あります、それはなにかというとお鍋
温かい食べ物で上がった体温が
就寝前に下がる事で眠気が訪れる
就寝3時間前までに食事を終えるようにしよう

 

 

 

睡眠に関する悩みがあるゲンキチャレンジャー
3名に協力をしてもらい、1日活動量計
というものをつけて生活をしてもらう。

 

 

 

活動量計は装着することで時間毎の
活動量を記録できるものです。

 

 

 

翌日東京有楽町にある眠りの相談所へ
活動量計の結果を見てみると
1人目の男性は、睡眠時間自体は5時間半
しかし睡眠が浅い状態の時間が多い。

 

 

 

身体への影響ですが、慶應義塾大学の
遠藤拓郎先生の話では
睡眠時間が短いと、ガンの発症率が高くなる
という報告がある。

 

 

 

睡眠不足で免疫細胞が活発に働かなくて
がん細胞の活動を抑えられない
のです。

 

 

 

更にアルツハイマー型認知症のリスクも高まる
質の良い睡眠をとっていると
アルツハイマー病の原因の一つ
アミロイドβを脳の外へ排出することができる
質が悪いと排出できる量がすくない。

 

 

 

その他にも、高血圧や肥満、心疾患やうつ
等の疾患にも関係しています。

 

 

 

また男性は自営業なので、動くことが
ほとんどない、活動量が少ないのです
ある程度身体を疲れさせた方が
入眠はしやすいので、これはマイナスです。

 

 

 

更に朝方から日中の活動量がほとんどない
朝日を浴びないでいると
眠りたい時間に眠れなかったりします。

 

 

 

質の良い睡眠を得るためには、午前10時までに
日光を浴びると体内時計がリセットされる。

 

 

 

すると夜にメラトニンという睡眠を促す
ホルモンが分泌されます。

 

 

 

メラトニンを作るトリプトファンという成分は
バナナや納豆などの食品に含まれている。

 

 

 

また仰向けに寝る事にも少し問題がある
あごが落ちて、舌が落ちて
気道を閉塞して呼吸が止まる
という可能性がある、いわゆる
睡眠時無呼吸症候群の可能性も。

 

 

 

対処法としては抱き枕を使用
横向き姿勢を長くできます。

 

 

 

続いて2人目の女性
浅い眠りが多いそして入浴時間が短い、
この入浴時間も大切で
睡眠の1時間前に入ると
お風呂から上がるとその後眠気が訪れる。

 

 

 

38度から40度のお湯に10分以上
かけて浸かるようにしましょう

 

 

 

そして昼寝も少し問題で、午後3時以降は
夜間の睡眠の妨げになる
どうしても眠い場合は、15分間だけにする。

 

 

 

睡眠の質を悪くする他の原因として
・アルコール
これは睡眠時の心拍数が上がるため
質の良い睡眠がとれない

 

・眠る直前の行動 寝る前にスマホを見る
ブルーライトが睡眠を促すメラトニンを
抑制してしまいます。

 

 

 

そしてほしいもの等を見つけてしまうと
気持ちが高ぶってくる、覚醒する
ドーパミンが分泌されるので
睡眠がとれなくなってしまう。

 

 

 

また寝だめ、土日に平日の睡眠不足を
補うように眠るあれですが、これって実は
トータルで考えると質の良い睡眠を
取れているとは言えない。

 

 

 

土曜日はいいとして、日曜日も普段の
起床時間より3時間も多く眠ると
今度は日曜の夜眠るのにすんなりと
睡眠が出来なくなり、月曜日は結局
睡眠不足で仕事を行う
ということに繋がってしまうからです
なので日曜日に関しては
平日と同じ睡眠時間がいいかもしれない。

 

 

 

枕の高さも睡眠の質に関係する

3人目の女性
朝起きると頭や肩が痛い、という事で
悩んでいる、どうしてこうなるのかというと
仰向けに寝ていて、寝返りがほとんどない
いびきも大きいので、睡眠時無呼吸症候群の
疑いがある、頭が痛いのは
睡眠時に脳に酸素が
十分供給されていないため。

 

 

 

寝返りをうたないのは枕の影響がある
高さが合わないなどの事があると
寝返りがうちづらくなるのです
枕が高いと気道を塞いでしまい
呼吸がしづらくなってしまう。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトで読まれている記事
最近の投稿
カテゴリー