ゲンキの時間

ゲンキの時間、過去放送の簡単まとめ

MCI(軽度認知障害)だとリバーターになれる可能性がある!?

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年8月19日放送のゲンキの時間
今回は認知症の最前線特集です
1度患うと2度と戻らない
こういわれていますが、予備段階だと
治療が可能な事がわかってきている
リバーターと呼ばれています
どういう治療法を行ってきたのか?


 

スポンサードリンク

 

 

 

 

スマヌってなんだ?

認知症予備群から元に戻った人を
リバーターと呼んでいる
茨城県取手市にある
メモリークリニック取手の
朝田隆先生の話では
認知症になってしまうと治らないが
その前段階の予備軍だと治る可能性が
高いといわれている。

 

 

 

認知症予備群というのは
MCI(軽度認知障害)と呼ばれている
主にアルツハイマー型の予備軍です。

 

 

 

自律した生活ができるかできないか?
予備軍はそういう傾向はあるが
日常生活に支障はない、というものを
認知症予備群だそうです。

 

 

 

・少し前の事でもよく忘れ
 何度も同じ確認を繰り返す
・数週間前の大きな出来事を
 忘れてしまう事がある
・ながら仕事が難しくなる

MCIと診断されて放っておくと
1年で12%、4年で半分の人が
認知症になるといわれています。

 

 

 

MCI(軽度認知障害)克服のカギとは?

注目したのは2つのポイント
1 筋トレ
少しきつめの筋トレが効果的だそう
本山式筋トレを行っています。

 

 

 

筋トレと認知症に
どういう関係があるのかというと
認知機能が衰えやすい人は
筋肉と脳の感覚神経が鈍く
この感覚神経をつなぎなおすために
筋トレをするのです。

 

 

 

認知症の人が徘徊を何時間もしても
疲れを感じないのは感覚神経が鈍いため。

 

 

 

その感覚神経が鈍っていないかを
チェックする方法があります
それが冒頭の項目にある
『ス・マ・ヌ』
これを背中に指で書くだけです
どのカタカナも似ているので
わかりにくい。

 

 

 

この文字をランダムに6回背中に
指で書いて間違いが3回以上あると要注意。

 

 

 

本山式筋トレは感覚神経の
機能回復が目的で、筋肉に意識を集中し
強い刺激を加えていく。

 

 

 

強い負荷を筋肉にかけた方が
脳は筋肉を使っているという事がわかる
鍛える所に意識をして筋トレをする。

 

 

 

2 音楽療法と芸術療法
今までつかってこなかった
頭の使い方をする
やったことがないというのがポイント。

 

 

 

つまり認知予備能という部分を
刺激してあげる事が重要
認知予備能というのは
人間の人気機能というのは半分ほどしか
使われていないといわれている

 

 

 

認知症でやられてしまう認知機能は
この半分の部分、そこで上記の様に
色々な方法で鍛えていくと
使っていなかった認知予備能を
活性化させ衰えた認知機能を補う
という考え方です。

 

 

 

認知症がある人が見ている世界

疑似体験できる施設があります
認知症がある人が見ている世界って
確かに一般の人だとわからないですよね。

 

 

 

車から降りる位置がビルの上から地面に
下りるような感じに見えるという
これは距離感を正しく認識できなく
なっている事が起こっているためだそう。

 

 

 

現在日本全国で体験会が行われている
認知症の人がおかれている状況を
一般の人でも体験をする
非常に重要な事ですよね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトで読まれている記事

まだデータがありません。

最近の投稿
カテゴリー