ゲンキの時間

ゲンキの時間、過去放送の簡単まとめ

足の症状で命に係わる病気の場合もある、浮き指にも注意

 

2018年10月28日放送のゲンキの時間
今回は足の症状の特集です
隠れている病気には恐ろしいものある


 

スポンサードリンク

 

 

 

 

足の症状からわかる意外な病気

61歳の男性、足に異変を感じたのは6年前
靴下を上げようと思ったら
靴下のゴムの跡がくっきりとついていた
いわゆるむくみですね。

 

 

 

その頃から息切れを感じてきて
麺類がすすれなくなってきた
おかしいと思い病院へ
実際に診察したのは、日本医科大学の
佐藤直樹先生。

 

 

 

診察をした結果、心不全が見つかった
心臓の機能に障害が生じ
血液の流れが滞る病気
最悪の場合命の危険があった。

 

 

 

足がむくんだ理由は、心機能が落ちていて
血の巡りが悪くなり、血管の外に
水分がしみ出してきて
それがむくみへとつながったのです
下半身にたまりやすい。

 

 

 

心不全の原因として考えられるのが
高血圧、生活習慣病というやつですね。

 

 

 

男性は薬物治療などを経て回復
心臓の動きがよくなったそうです。

 

 

 

続いてのケース、66歳男性
2年前に
5分と歩けばふくらはぎが痛くなってきた
休むと歩けるようになるのですが
600mほど歩くと再び痛み出す
という事を繰り返していた。

 

 

 

しかし半年もたてば歩けなくなっていき
30mも歩けなくなっていた。

 

 

 

病院へ行って診てもらうと
間欠性跛行といい、しばらく歩くと
足に痛みが出てしまい
少し休むとまた歩けるようになる症状
この症状の元となる病気が
閉塞性動脈硬化症です。

 

 

 

閉塞性動脈硬化症の特徴として
歩く時はエネルギーを必要とするため
足の血液の量が2~3倍増加する
ところが動脈硬化によって血管が
詰まったため、血液が行き渡らず
足の筋肉が痛くなる

 

 

 

放っておくと下肢切断につながるという
この病気の恐ろしさは
足に動脈硬化があるという事は
他の部位でも動脈硬化がある可能性が
高いといわれていて、心筋梗塞や脳梗塞
これらの病気を発症するリスクが
高いとのこと。

 

 

 

男性は血管を拡げる手術を行い無事回復
その後は生活習慣を改善し
運動も行っているそうです。

 

 

 

続いてのケース、50歳の男性
足がかゆくなった、くるぶし付近で
我慢ができなくなるくらいかゆくなり
病院へ行くと、下肢静脈瘤が見つかった。

 

 

 

ふくらはぎの静脈には
逆流を防ぐために弁がついている
これが壊れてしまうと血液が逆流しむくむ
そのほとんどは血管が浮き出る症状
しかし浮きでなくても、くるぶし付近に
皮膚炎が起こる症状もある。

 

 

 

この病気は調理師や美容師
店頭販売員が患う傾向にあるという
長時間の立ち仕事の人たちですね
定期的に休憩をとる必要がある。

 

 

 

腰痛や肩こりを招く、浮き指って?

桜美林大学の阿久根英昭先生の話では
浮き指が、肩こりや腰痛を招くという
地面から足の指が浮いているという状態。

 

 

 

浮き指のチェック方法ですが
足底圧計測器で調べます
これは病院でやってもらいましょう。

 

 

 

自宅でチェックする方法では
はがきくらいの紙を床に置き
その上に足の指を置く、この時に
足の指に紙の感覚がない場合は
浮き指の可能性がある。

 

 

 

浮き指で腰痛や肩こりが起こる理由は
つま先に体重が乗らないため
重心が後ろ側に持っていかれる
すると、首を前に突き出し猫背になり
首から腰にかけて負担がかかる
そのため肩こりや腰痛が起こってしまう。

 

 

 

浮き指の原因は、靴が原因
靴を脱ぎやすいようにと正確なサイズより
大きめの靴を履きがち、そのため
靴の中で足の指を立てて歩行する事が
多くなってしまう、女性の場合は
つま先の細い靴だと、真ん中の指が
浮いた状態になる。

 

 

 

浮き指の改善体操は
片足の足指の間に手の指を入れて
足の甲側に曲げて5秒、足裏側に曲げて5秒
両足それぞれ1日10セット行う。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

この記事に関連する記事一覧

このサイトで読まれている記事

まだデータがありません。

最近の投稿
カテゴリー