ゲンキの時間の過去に放送された内容を簡単にまとめています

ゲンキの時間、過去放送の簡単まとめ

2019年度分

クロスシンドロームってなに?腸腰筋と関係がある

投稿日:

クロスシンドローム・・・
一体何のことやらわかりませんね
それは追ってどういうものか
記していきます。

クロスシンドロームってなんだ?

靴下を履く時にバランスを崩す
よくありますよね、こういうこと
他にも靴下を履いたりするときとか
このケースは、腸腰筋が弱っているため
バランスを崩してしまう。

腸腰筋は脚を前後する動き
正しい姿勢で座れるようにする
という働きがある
上半身のバランスを保つ役割もある。

この正常な筋肉のバランスが
崩れてしまった状態を
『クロスシンドローム』
といいます。

腸腰筋などの1つの筋肉が衰えると
反対側の筋肉も衰える
そして段々と、隣り合う筋肉にも
連鎖的に影響する。

腸腰筋を衰えさせる行動

足を組む
腸腰筋が凝り固まりやすくなる
理由は、足を組む事でお腹と太ももの
距離が近づいて、その結果腸腰筋が圧迫
血流が悪くなり機能が低下するため。

前傾姿勢
これも上記と同様の状態になる

すり足で歩く
腸腰筋そのものが使えていない歩き方

浅く座る
上半身を背もたれに預ける事で
腸腰筋が使われない座り方になる。
猫背もそうです

腸腰筋をのばそう

椅子に横に座った状態で片足を
後ろにもっていきます

後ろ足のひざは伸ばすのがポイント
おへそを突き出すように体重を前にのせる
この姿勢を10秒間キープ
片脚10秒ずつ朝昼晩3セット行う。

前傾姿勢とは逆の体を反らす動きなので
腸腰筋をストレッチし活性させている。

腸腰筋を弱くさせる病気がある


それは変形性股関節症です
大腿骨は骨盤にはまっているのですが
この骨盤が変形していると大腿骨の
はまりが浅くなってしまいます。

腸腰筋がハマリをよくしようと
働き続けると、腸腰筋自体が
酷使されてしまい衰えるというのです。

40~50代で発症する事が多いので
自分は下記に当てはまらないか
セルフチェック

1 足の爪切りがしづらくなった
2 長時間歩いた後、股関節が
  だるくなったり痛みが出る
3 座った時に片方のひざが前に出ている

当てはまる数が多いほど
変形性股関節症の可能性がある。

変形性股関節症の予防法


ボールを使い、座っている時に
上下左右に足の裏でコロコロと動かす
こうする事で、潤滑油の役割がある
関節液が股関節から分泌される

変形性股関節症は
股関節を動かし始めた時に痛みが出る
という事が多いので、前もって
関節液を出す事が大切。

長期間行う事が大切です
軽い痛みであれば諦めずに行おう。

参考にしたテレビ番組
6月23日放送 ゲンキの時間

 

 

 

スポンサードリンク

 

-2019年度分

Copyright© ゲンキの時間、過去放送の簡単まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.